<< 明けましておめでとうございます | main |
増改築後、初めての消防総合訓練を実施

「訓練!訓練!火事です。火事です。」

 

 東八幡平病院の増改築工事が去る1月15日に完了しました。

 工事に伴って、病院の構造や部屋配置等が変更になり、消防計画を変更したことから、1月22日(月)午後1時半から消防総合訓練を実施しました。

 

 <訓練の目的>

 火災による被害を最小限とするため、消防署員が到着するまでの間、自衛消防隊の活動を迅速かつ的確に実施することを目的に、関係職員が出来るだけ体で覚えるように訓練を実施する。

 

 <火災の想定>

 1月22日午後1時30分、守衛室の自動火災報知機が発報「ブザーが全館で鳴る」。

 

 <主な訓練>

 □ 通報訓練  :火災現場の確認、館内一斉放送、消防署への119番通報、情報提供

 □ 初期消火訓練:消化器による消火、消火栓からの放水

 □ 避難訓練  :入院患者の避難誘導、搬送

 □ 避難所設営訓練:避難所の設営

 □ 医療救護訓練:避難所に医療救護所を設営、負傷者のトリアージ、救護、救急車の要請

 □ 安全防護訓練:逃げ遅れ者の確認行動、防火戸等の閉鎖

 □ その他   :自衛消防隊の編成、自衛消防隊の訓示、消化器による消火の演習、消防設備の位置確認

 

 

<訓練の状況>

 以下、当日の訓練の様子です。

 

災報知機作動・現場確認中 一斉放送「ただ今、職員が確認中」 「訓練!ボイラー室で火災発生」
初期消火に向う医事課職員 消火詮からのホースによる放水 う〜!ここから引っ張り出すのね・・・

託児室の子供たちも避難ですよ そうそう!落ち着いて行動しましょう 師長「入院患者全員無事に避難完了」
医療救護活動、トリアージ・レッド トリアージの最中、エイローです。      新規採用職員の水消火器で消火訓練
検証者「安全に落ち着いて避難出来た」 隊長訓示「自然災害など多発しています。日頃の訓練が大事です。」

 

| comments(0) | - | by みちのく愛隣協会
コメント
コメントする