<< 東八一座御披露目公演<予告> | main | 柏台保育所園児が老健希望(のぞみ)敬老会でお遊戯をご披露 >>
「東八一座」舞台稽古”座長出番なしの名演技

流石東八職員!座長出番なしの名演技

舞台装飾・衣装を着けての立ち稽古!!

 

 「東八一座」は、9月7日(金)午後5時45分から週1回の立ち稽古を開始しました。

 9月14日(金)には、田村舞台装置担当と古川大道具担当による舞台セットが概ね完成しました。

 昭和の時代に、どこにもあった一般的な家庭の茶の間をイメージして製作したということです。

 

 

 さて、14日の稽古の様子を一部ご披露いたします。

 今回は、ブログ用に演出していただきました。今後、衣装やかつらなどを大道具さんや小道具さんと詳細を詰めて整えていくことにしています。

 いずれにしても、私(座長)の出番は殆どなく、役者が自ら演技を付け、セリフもアドリブや駄洒落も多く、座長泣かせの、笑いで涙が出るほど楽しい稽古風景です。

 

 では、まずは、第1幕「ご飯はまだかね?」、八幡平家の茶の間、正午過ぎの一場面です。

 

 

 周りからは、正に演技ではなく、地で行っているとの好評価です。

 次は、第2幕「家の嫁は泥棒だ!」、八幡平家の茶の間の朝の場面ですが、嫁役の秋子さんが休んだため、1幕の嫁役が代わりに演技しました。

 

 

 良夫さんの嫁秋子さんと八幡平トメさんのバトルは、笑いを大いに誘います。トメおばあちゃんの演技もなかなかでした。(座長の演技指導は不要(涙;;;))

 最後は「お家に帰ります!」、寄木家の茶の間の夕方の場面です。

 

 

 正男おじいちゃんと嫁の花子さんによる名演技ですが、どう見ても出て行く夫を引き止める嫁と言った雰囲気です。

 

 どうぞ、後は、当日、会場でご覧いただきたいと思います。

 お待ちしてま〜す!

| comments(0) | - | by みちのく愛隣協会
コメント
コメントする