柏台保育所園児が老健希望(のぞみ)敬老会でお遊戯をご披露

敬老会で柏台保育所の園児がかわいいお遊戯をご披露

 

 去る9月19日(水)午後11時、介護老人保健施設希望(のぞみ)の多目的ホールにおいて、平成30年度敬老会が入所者と通所リハビリテーション利用者約90名が出席して開催されました。

 大森佐一郎副施設長から上寿(100歳)から喜寿(77歳)を迎えられた方々をはじめ、入所者と利用者の皆様に敬老のお祝いの言葉を述べ、ともに祝福いたしました。

 

 

 引き続き、上寿(100歳、大正7年生)を迎えられたお一人、米寿(88歳、昭和5年生)の入所者6名と通所者5名の計11名、喜寿(昭和16年生)の通所者3名の方々にお祝いの記念品を贈り、参加者全員で祝福いたしました。

 

 

  昼食後の午後1時40分からは、近隣の八幡平市立柏台保育所の園児21名が訪問し、とてもかわいらしい遊戯を演じていただきました。

 

 

 

 園児の皆さんは、お遊戯の後、おじいちゃんやおばちゃんと「むしんでひらいいて・・」を一緒に合唱し、手ぶり、足を踏んだり、手を握り合ったりしながら交流をしました。

 参加したおばあちゃんはとても感動し目を潤ませておりました。

 

 

 

 

| comments(0) | - | by みちのく愛隣協会
| 1/1PAGES |