Iwate Nurse Action 出店!!

Iwate Nurse Action

 看護就職+進学説明会2020

〜 当院ブース訪問者昨年を上回る15名来場 〜

 

 2月23日(日/祝)12:00〜 アイーナ(盛岡市内)を会場に「いわて看護 就職+進学説明会2020」が開催され、当院も出店しました。

 

 

 当院は、昨年度に引き続き2回目の出店です。今年度も松浦統括看護部長のほか、田鎖看護師、工藤看護師の看護部員と私(菊地)が出席しました。

 昨年度は初めてということもあって8名の訪問者に終わりました。そこで松浦統括部長は「今年は10名を目標、10名来たら帰りましょう!」と言いながらブースの設営に取り掛かりました。当院ブースは会場の奥から2列目です。う〜ん!昨年より1列前進です。

 

 

 決められた1つのブースの中を各病院がそれぞれ工夫し、如何にして訪問者の目を引き付けるか!飾り付けています。

 私たちも、午前10時半会場に集合し、ブースの設営を開始しました。他院のブースを眺めながら「来年はうちもプロジェクターを・・・」と反省の弁・・・(でも、来年は忘れているかも?!ね)

 

 

当院、定番の案内看板 ブース全景、ここに4人はキツイ!

PCで訪問者に説明 来訪記念にお菓子とボールペンを贈呈

 

 

 さて、準備が出来ました。看護部差入れの弁当もいただきました。ちなみに私にはサボテンの「特性弁当」です。

 今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大もあり、マスクをしての対応となります。

 正午から4時までの4時間、長丁場の幕が開きました。

 早々、訪問者がいらしゃいました。松浦統括部長!来ましたよ!「出番ですよ〜!」

 

 

 その後も、切れ目なく訪問者がやって来ました。斜め向かいブースの事務長さんが私のところに近寄ってきて「お宅!切れ目なく多くの来訪者がありますね!なんでかしらね?」と言って戻って行きました。(「昨年は、うちもヒマでした・・」と内心つぶやきました。)

 

 

 「えっ!?今年卒業!まだ就職先が決まっていない⁉局長さん!給与について説明して〜〜!」松浦統括部長節で私が呼ばれました。

 

 

 「僕は入社3年です。この病院を選んだのは・・・・・」と説明する男性看護師の田鎖君です。

 

 

 お子さんを連れての来訪者や男子看護学生に「私がこの病院に入社して一番良かったことは・・・」と話す工藤看護師さんです。

 

 

 「え〜!県立大の学生さん!八幡平市出身ですか!是非、地元に・・・」  そうです!今回は地元出身の方が多く訪問してくださいました。少し!来年の楽しみが増えました。

 

 3時半過ぎ、そろそろ!多くのブースで来訪者が途切れはじめ、片付けが始まりました。

 「では、うちも片付けましょう!目標の10名は超えて14名も来てくれたし・・・」との松浦統括部長の発声で片付け始めました。

「あの〜お話を聞かせていただいていいですか?」「あ〜あ!どうぞ!」片付けを中断して対応をはじめました。

 

 

 結局!4時を回り、当院が一番最後まで来訪者に対応しました。

 会場準備のスタッフの皆さんに「お疲れ様です」と挨拶しながら会場から退場しました。

 心地良く充実した一日でした。松浦統括部長をはじめ、折角の連休をつぶして協力をいただいた三人に感謝をしながら別れました。午前中にはチラついていた小雪も止み、駐車場の上には青空が見えます。(K)

| comments(0) | - | by みちのく愛隣協会
ナースアクション看護師就職説明会に初参加

〜 お話を聞いて、とても雰囲気の良い職場と感じました 〜

来場した看護学生から心強い感想をいただきました

 

 2月11日(祝日)、正午から午後4時まで、盛岡市「アイーナ」を会場に2020年卒業予定の看護学生(既卒含む。)を対象とする岩手県主催「看護師就職相談・説明会」(ナースアクション)が開催され、当院も初参加しました。

 

 午前10時から当院ブース(180×90cmm)を如何に際立たせるか、創意工夫してセッテングを行いました。A2版パネル2枚とディスプレーを配置しました。

 

 よそは、凄い!!のぼり旗を立てたり、来客椅子にPR用カバーを掛けるなど多くの参加経験で学生の心を掴むコツを得たブース作りをしていました。まあ!当院は初参加でありますので、この程度にして職員で気楽に記念写真を撮ってから、小松副看護部長が買出しした弁当(サボテンのえびカツ定食)を美味しくいただき、腹ごしらいをしました。

 

 12時開始!ドドット学生が入場してきました。隣の医大や盛岡市立病院、栃内病院、南昌病院には学生が並ぶも、当院前には誰も来ません。と思いきや2人の学生が来ました。松浦統括看護部長の出番です。ここ一番!と張り切りましたよ。もう!いつの間にかお土産用のチョコ菓子袋も用意していました。

 

 最初は、八幡平市出身の看護学生お二人です。今回のキャッチコピーは「うちへ、帰ろう」です。

 

これが功を奏したようで(手前味噌)、その後も地元出身者が来ました。ありがたいことです。これで、入職二年目の田鎖君も一年目の工藤さんも笑顔で自分の入職経験や当院の良いところなどPRを軽快に語り始めました。

 

 

 結局、この日は9名から相談を受けました。結構、いい感触で来春の入職に期待がもてそうです。宮古市出身で青森の大学に在籍する男子学生は、「い〜や!とても雰囲気の良い職場ですね。スキーも出来るし〜!僕、考えますよ!」と和やかな形で心強い感想をいただきました。

 

 松浦統括看護部長のプレゼン資料(抜粋)

 

 田鎖君のプレゼン資料(抜粋)

 

 工藤さんのプレゼン資料(抜粋)

 

  長い一日が終わりました。来年は旗も作って、リーフレットも立派に作って来年も参加しよう・・・と控室で反省会を行い、菊地次長の一本締めで退散いたしました。朝よりは少し気持ちも軽く達成感がひしひしと・・・

 せっかくの連休に対応していただきました松浦統括、小松副部長そして田鎖君と幸ちゃん!本当にお疲れ様です。ありがとうネ!(K)

| comments(0) | - | by みちのく愛隣協会
| 1/1PAGES |